読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クレヨン君とえんぴつ君

ただいま line LINEスタンプ、販売中。 音楽と絵と子育てが好き。

コントロールされるということ。

あるライブの約束がキャンセルになりました。急に別の仕事が入ったのだそうです。まぁ、それは仕方がない事。

ただ、約束をした時点では「大丈夫、大丈夫、休みです」と言っていたのですが、その人(仮にAさん)の仕事は、Aさんの所属するとある団体の人(仮にBさん)が決めてしまうのだそう。ちなみに団体の活動内容と、Aさんの仕事内容は全く別で被りもしないもの。つまりプライベート活動の団体のBさんが仲間の生活の糧の仕事まで決めて来てしまうというもの。「Bさんが(仕事を)決めるんだ」とAさんが以前話していたのを思い出しました。

これではAさんが、Bさん次第で約束を反故にしてしまうという事が起きて当たり前。

Aさんが所属のその団体の、ある別の女性が「あいつ(Aさんの事)大人なのに自立してない」って言ってたのだけど、今回は本当にそう思いました。自分の約束も仕事も自分で決められないなんて。何故、自分のスケジュールを自分で決めずBさんに決めてもらうのか、どういう心情なのかわからないけど、次からAさんを誘う事はコリャ無いな、と思いました。

精神的自立のない人は他人にコントロールされても、文句が言えない。


*****

これと似た話なんですが、私は接客が得意で、もう10年以上ファーストフード業界にいます。仕事そのものはとても楽しいです。(mのマークとかLのマークとか色々ありますね(笑))

ただ、何故なのか、ファーストフード業界って職場の同僚のプライベートやスケジュールまで意見してくる、入り込んで来ようとする人が多いと感じます。

 

ファーストフード業界はどの会社も実店舗で働く従業員はだいたい1週間毎のシフト制ですから他人の休みや自分の都合の兼ね合いがあるのは分かりますが、「お互いの予定の折り合いをつける」というよりプライベートに立ち入ってきて「あれはするな、その予定を変更しろ」と言ってきます。これはさすがに踏み込み過ぎに感じます。

 

断ると同調圧力なのか、仕事中に不利な扱いを受ける。こういう押し付けタイプの人が必ず何故か、どこのお店にも必ず1人いる。私は以前、今のバイト先でプライベートに意見してきた人がいたので、「そういうことするなら店を辞めてやる」と嚙みついたら、相手が押し付けてこようとした事柄を引っ込めてきました(笑)

 

他人の時間は他人のものなのに、と思った一件でした。
私は絶踏み込まない様にしよう、というか、踏み込まれたくないから、しないな。

 

*****


インスタグラムはこちら

ホームページはこちら

クレヨン君とえんぴつ君 - crayons-and-pencils0114

LINEスタンプ販売中

 

広告を非表示にする

Copyright© 2014 クレヨン君とえんぴつ君 All Rights Reserved.