Your SEO optimized title
「本ページはプロモーションが含まれています」(PR表記)

11月16日はいいビールの日。知っておきたい! アルコールと健康の関係

ビールで乾杯は夏のビアガーデンをはじめ気持ちの良いものですが

アルコールの健康への影響をせつめいすると、アルコールは、肝臓で分解されて「アセトアルデヒド」という毒素になる。この毒素が、生活習慣病やがんの原因になると言われています。

適量のお酒は体によいそうですが 「お酒を飲まない人」と「お酒が好きな人」の関係を考えてみてください。 お酒を飲まない人は、アルコールの力で嫌なことを忘れられることを理解しています。 一方、お酒が好きな人は、アルコールの力を借りてストレスを発散していることを理解してください。 大量飲酒する人は、アルコール依存症を疑われることがあります。

適度ならストレス解消になるけど、本当にほどほどにということですね。

www.asahibeer.co.jp

Rakuten Marketing Welcome Program

私がよくお世話になるのはヘパリーゼ

ヘパリーゼは二日酔いに効くってホントでしょうかね?

ヘパリーゼは、肝臓の機能を高めてくれるドリンク剤のことで、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を助けてくれるという説明をよく見かける。確かに私個人の感想だけどあまりお酒は残らないかなという感じ。

液体と錠剤はどちらが好きかと言えば私個人は液体が手軽、錠剤は保管しておいてお酒を飲む時以外も使いたいです。

 

 

アルコールの分解には水分が必要とよく言われ、飲む前にコップ1杯の水を飲むことで、その飲んだ後がちょっと楽になります。帰宅してからも結構水は飲むかも。

 

 

 

アルコールを摂取した時以外でも飲んでるもの

個人的な感想になるんだけどウコンを飲んでます。知り合いがウコンを庭で育てているそうで、その粉末を分けてもらっています。通常時の滋養になればいいなぁと言う程度ですが。

ウコンで検索すると結構な種類が出てきますね。

私の昔の知り合いはこれを飲んでいました。琉球の酒豪伝説というもの。効くのかどうかは知りませんが、箱買いしていましたね(笑)

箱買いって凄いですよね(笑)

 

お酒は適量に楽しく🎵

女性の適量飲酒量は1日20gとされている。ビール・チューハイなら500mlまで(ロング缶1本)、ワインなら180mlまで(グラス1.5杯)、日本酒なら180mlまで(1合)。それ以上は、生活習慣病のリスクを高めると言われている。適量を守ってお酒を楽しむことが大切。

www.brewers.or.jp

✳ここ最近の人気記事✳

 

 


 

 

 

clik here ⇒ Youtube Twitter アカウントあります 

動画やインスタグラムはこの画像をクリック

動画やインスタグラムはこの画像をクリック